スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電の夏は涼しい川風に吹かれました。

暑い日が続きます。皆さまお元気ですか?
今夏は節電の夏、省エネの夏ということで「クーラーがきいた部屋でのんびり」という訳には参りません。
そこで野元会長が楽しいプランを提示されました。「筑後川で鵜飼を見ながら涼しい川風に吹かれましょう!」
夏休みに入った子供達が、いつも忙しいお父さんやお母さんと一緒に温泉に入ったり、普段と違ったお料理をいただいたり出来るようにと、計画してくださいました。

当日は原鶴温泉のホテルに集合、露天風呂にのんびり浸かり美味しい川魚料理に舌鼓を打ちました。もちろん子供達は大喜び!!
IMG_0985.jpg IMG_0990.jpg
110810_185811.jpg IMG_0986.jpg
IMG_0992_20110812201028.jpg

夜風が心地よい筑後川沿いを散歩して鵜飼船に乗り込みました。
爽やかな川風が水面を渡る中、赤いちょうちんで彩られた船は進みます。
IMG_1035.jpg IMG_1007.jpg
ミズスマシのように走ること10分、いよいよクライマックス鵜飼の始まりです。
IMG_1022.jpg IMG_1017.jpg
鵜は一艘に7~8羽、鵜匠の巧みな手綱さばきで水中にもぐり魚をくわえて帰ってきます。
その姿は正に夏の風物詩、船上で焼かれるアユの香ばしい香りとともに爽やかな時間がゆっくりと過ぎてゆきます。
IMG_1004.jpg IMG_0997.jpg
「面白く やがて悲しき 鵜飼船」とはよく言ったもので、一生懸命捕っても魚を吐き出させられる鵜に少し同情しながらも、皆節電の夏を満喫して参りました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。